彼や旦那にやらせてみたい心理テスト

対象となるタイプ

  • 将来結婚しようと思っているカップル。
  • 定年まじかで子供たちも巣立ち、夫婦二人の生活を数年後に控えた方

熟年離婚 心理テスト

それでは夫婦カップルの熟年離婚心理テストをはじめます。

あなたは、50歳。IT企業の中堅管理職。課長になるのは早かったけど、その先がなかなか
出世コースに乗っていけない。

客先常駐がながく、常駐先から自社へ帰ってきたときには
同期は、ほぼ部長クラス。役員になっているものもいる。

ふと周りをみるとかつての部下が
自分の上司。
そんなあなたが定年を数年後に控えて、女房と次のような会話をしました。
あなたなら、どんなふうに答える。

    女房:あなた、年金ってあてにならないのよ!

    これからの事考えている?

    需給年齢も65歳からよ。

    せめて65歳まで働いてね!

未来を決めるアナタの選択肢

A,Bから選んでね!

A:+うるさい。俺には俺の考えがあるんだ。

Aを選んだあなた。

日頃から、うっぷんがたまってますね。気をつけないと、離婚されちゃいますよ。
若い時から、仕事いちずで、いわゆる家庭を顧みないタイプ?

「いや、そんなことないよ!!」と思うかも知れませんが、実際はそうでしょうか?
無我夢中で生きてきませんでしたか?

今の、目の前の事が精一杯で、生きてきませんでした。
少しは、打算的に生きてみませんか。

たまには、奥様に「かわいいね。」「今日の髪型はいつもと違うね」「きょうの料理はいつもと
違うよ」なんて、声かけて見ませんか。
今、この時が大切ですよ。

奥様は、あなたが「良かった、いい思い出」なんて昔の事、覚えていないものですよ。
奥様の言葉に耳を傾けるふりをするだけでも、奥様には、「夫婦」を共有した気持ちに
させますよ。

特に、「お金の切れ目は、縁の切れ目」って、いうじゃないですか。
仕事がなくなった後の、一人生活は寂しいものですよ。

まずは、自分の心を、不安なことも、頑張っていることも、奥様にうちあけてみる
努力をしてみませんか。熟年離婚が悪いわけじゃないけど、されるっていやじゃないですか。

ちょっと考えてみてください。

B:+うううん。でもね。そんなこといわれても。

Bを選んだあなた。

ひょっとして、奥様と離婚を考えてますか?
そうでなくても、離婚されても、離婚しても良いと考えていますか。

あなたの場合、お互いの生き方を尊重して、それが正しいのなら、その道を選ぶタイプです。
口下手なあなたは、「うううん」と言葉にならない、心の考えを奥様に伝えきれず、
あいまいに、答えてしまうという、悪循環が続いていませんか。

あなたと、何年もくらしてきた奥様は、あなたへの信頼が徐々にうすれてきていませんか。
奥様は、あなたの性格をすべて分かっているわけじゃないですよ。

今の状態を続けていくと、不安な奥様を残したまま、あなた一人よがりの考えで、奥様は
特に望んでいない、熟年離婚をあなたが勝手にきめてしまうと言った道を選びそうです。

別に離婚されるより、離婚する方法が、世間体てき、あなたの男のメンツとしては
良いかもしれません。
でも、それも一つの人生ですが、いままで、頑張ってきたあなたを支えてきた奥様の事も
考えてみませんか。

何年も課長を続け頑張ってきたあなた、また、それを文句も言わず(まあ、いいますよね。
女なんだから)ついてきた奥様。これからの人生をあなた一人の考えではなく、二人の人生
として考えてみてはいかがでしょうか。

それから、あなたの人生を考えて行くのも楽しいと
思いますよ。

筆者:カヨ