WEB86_bonpower20150207120628_TP_V

福永知世福永知世

ワンパンマン、アニメ化2期決定!

ということで益々盛り上がりを見せるアニメ「ワンパンマン」ですが、男女問わず、あの強さと、至るところに織り込まれたギャグ要素に抱腹絶倒なのでは!

今回は、主人公のサイタマと、その弟子、ジェノスに焦点を当て「付き合うんだったらどっち?」を考察します。

サイタマとジェノスを男として見る

強い。強すぎる。最強の男、サイタマ。

孤高のサイボーグ、ジェノス。

ONE先生と村田雄介先生がタッグを組んだ、漫画『ワンパンマン』。

強くておもしろいだけじゃない。胸熱のストーリーや個々のキャラクター描写も秀逸。

アニメ化2期も決定し、盛り上がりを見せるワンパンマンですが、今回はサイタマ先生と弟子ジェノスをピックアップし、女性目線で「付き合うとしたら?」を詳しく考察してみましょう。

ヒーローとしては最強ですが、男性として見た場合どうなの?【優しさ・紳士度・マメさ】の3つの視点から見てみましょう。

サイタマ

サイタマは、人類最強の男であるにも関わらず、それを鼻にかけることはありません。

他人からの評価に左右されることはなく、あくまで自分の満足度を基準にしていることから、精神的にブレることがない。

この点は非常に男らしくもあり、また人間としての精神的成熟を感じられる部分でもあります。

ただ、一方で“自分を満足させることが目的”であるがゆえに、ヒーロー活動も「人助けより、自己満足優先」な面を持ち、女性と恋愛する、という点から切り込むと、利己主義な部分が目立ちます。

「モテたいけれど、女性に尽くすのは面倒」と思ってしまったり、「来るもの拒まず、去る者は追わず」という考え方もあり、サイタマ側からひとりの女性に執着する、ということはまずないのでは、と思われます。

女性への優しさも、見返りを求めてしまう可能性が高く、自分が面倒だと思ったことに関しては無頓着なため、たとえば、服の裾がめくれる、みたいな小さなことは気になりますが、女性の誕生日を覚えてる、みたいなマメさはない可能性が高いです。

釣った魚に餌はやらないタイプなので、サイタマとお付き合いできる女性は、サイタマのわがままにイライラしない、懐の大きな女性でなければ長続きはできないでしょう。

しかし、彼は彼なりの考え方があって、それに従って行動し、軸がブレない、弱い者いじめなど、正しくない行いに対しては反論する、という点から、紳士的な人物ではあるのだと思われます。

優しさ 4.0
紳士度 5.0
マメさ 2.5

ジェノス

ジェノスは19歳のサイボーグ。体のほとんどが機械で、イケメンです。

S級ヒーローであることから、知名度も高く、多くの女性ファンを持ちますが、一切興味がありません。

彼が目指すのは、自分の家族や友人を殺した組織への復讐。

それに伴い、強さを身につけるため、サイタマに弟子入りします。

サイタマの強さや、考え方に圧倒され、心の底から尊敬しており、サイタマの身の回りの世話を甲斐甲斐しく行う光景も見られることから、マメな性格ではあるものの、それは“先生限定”であることは言わずもがなです。

つまり、ジェノスと交際する、ということは、ジェノスが信頼し尊敬する女性でなければならない、という前提があります。

真面目な性格から、紳士的な態度ではあるものの、どこか機械じみた数字の上での行動が目立ち、結果にコミットしない無益な行動はしない(できない)面があります。

ヒーローをしているので、周囲への優しさはありますが、いざ恋愛という点から見ると、「なぜその女性にだけ特別に優しくしなければならないのか」を彼なりに理解しなければ、難しいのではないかと考えられます。

つまり、「サイタマ先生と同じ、もしくはそれ以上に尊敬できる相手」が女性でなければ、そもそも関係が成り立たない。

しかし、それくらいの女性が現れるとすれば、きっとお互いに幸せになれるのでは…?というところです。

そのため、もしそんな女性とジェノスが出会えたら…というところから、以下のように評価を出してみましたが、彼の場合はとくに“相手によって態度が変わる”という可能性は加味しなければならないでしょう。

優しさ 4.0
紳士度 4.5
マメさ 5.0

最後に

福永知世福永知世


サイタマとジェノスが一緒に生活している、という点で私の場合、とてつもないロマンを感じるのですが、ふたりはおそらく、現実にいたとしても本当にモテませんし、“対女性”として見た場合は、ポンコツかもしれません。また、男性特有の「モテたいけど、自分から尽くしたくない」「女の体には興味あるけど、そもそも恋愛に興味がない」という、女性をシンボルとしてしか見ていない部分もあり、恋愛には向かないタイプと言えます。

しかし、そんな恋愛がポンコツだからこそ強く、ヒーローに向いているので、ファンとしては「どうぞ、モテないままでいてください」という感じです。

今後のヒーロー活動も気になるところですが、まずは2期のアニメを楽しみに待ちましょう!

The following two tabs change content below.
福永知世
福永知世(ふくながちせ)… 1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。学生時代からの様々なアルバイト経験、夜のお仕事経験から学んだ人間関係を恋愛学に活かすWebライター。 男も女も視点を変えるだけで幸せになれる、をテーマに辛口に執筆している。 一児の母。

コメントをどうぞ