きれいに見せたい!見られたい!
デート メイク

やり方覚えておけば、
デートだけでなく、いつでも使えます。

デート前のメイクのやり方

デートだから彼氏にきれいに見られたいと思って、いつもよりメイクに気合を入れたいいところですが、本当はその逆。濃いメイクでは彼女と距離が近くなった時にちょっとひいてしまいがちです。それよりも薄いすっぴん風メイクの方が男の人に受けるのです。

だからといって、手を抜く訳ではありません。

きちんとメイクした上でナチュラルに見せるのがポイントです。

化粧のりのよい肌にするための手順

まずは化粧水と乳液で肌を整えましょう。

素肌が潤うと、ファンデーションのノリが変わって来ます。
ファンデーションは薄くしてOKです。

黄色系ファンデーションはくすみを隠して明るい印象を与えます。
ピンク系は血色良くしてみせてくれますよ。

自分の肌の色に合わせてみましょう。
次にハイライトを入れましょう。
できればパールの細かいものがおすすめです。

入れる場所はTゾーン、まぶたの上から眉尻、目じりの辺り、そしてあごの先です。

ブラシを使って粉が付きすぎないように気をつけましょう。

その後はチークです。

ピンクベージュやコーラルピンクなら肌のなじみもよく好感度が増すでしょう。

これも薄く塗った方がいいです。

それからアイメイクですが、色はブラウン系が落ち着いて見えていいでしょう。

また下まつげにはアイラインを引かない方がナチュラル感がでます。

さらに、マスカラは1本1本がだまにならないように気をつけて丁寧につけましょう。
透明マスカラで濡れた感じに仕上げれば、セクシーに見えますよ。

最後にリップです。

ナチュラルメイクだからといって、色のないリップクリームだけだと顔色が悪く見えてしまいます。

薄いピンクやベージュ系がかわいらしく自然に見えてお薦めです。
仕上げに透明グロスを少しぬってつやを出しておけばいいでしょう。

まとめ

メイクはどんな時でもナチュラルに見えるのが一番です。
厚化粧で自分を隠してしまうといざすっぴんになった時とのギャップが怖いです。

またナチュラルメイクというのはメイクをしないという事ではありません。
自分をよりきれいな素顔に近付けるためのメイクと言う事がポイントです。

上手なメイクは彼だけでなくいろいろな人からも好感をもたれるはずです。