LINEで一緒にデートを作り上げよう。
line

2人で同じ時間を過ごすということに楽しさを感じられるように。

デートの為に、デートを作る。2人で作り上げたというちょっとした達成感が2人の気持ちを盛り上げてくれるはずです。
デートの前にデートの時の事を想像しながら話せる2人っきりの時間、でも離れているので、気軽に本音も言える的な感じにしましょう。

LINEのチャットであればサクサクと会話が弾むので、本音を言いやすいです。
気まずくなればスタンプでカバー!

本音が入ると、デートの場所も決めやすいですよね。
しかも、相手の好きな事、苦手な事など新しい事が分かる機会になるかも知れないです。

時間と場所を決める

デートの前にすることと言えば、時間と場所を決める事。
それを2人で楽しまないと損ですよね。

今度どこへ行くか、一人で悶々と悩むのなんてもったいないです。相手と楽しく相談しながら決めましょう。
まず、前回に会った時の情報を思い出しましょう。

何が好きだっていってたか、共通の話題になったこと、盛り上がった話など。
それが無ければ自分の気に行っている場所や言ってみたい場所を相手に提案するしかないですが、とりあえず、次のデートの場所を相手に提案してみましょう。

今度のデート、○○に行こうと思うんだけど、どう思う?的にストレートに聞けばいいと思います。

こちらから○○に行こうと提案すると、相手もそれに対する答えを出しやすいです。どこがいいと思う?という提案の仕方は相手にお任せになってしまうので、NGです。

場所が決まったら、今度は待ち合わせの時間や場所。
行く場所が決まったら、これはスムーズに決まりますよね。

行く場所に合わせて、2人の都合のいい待ち合わせ場所を選びましょう。
そして、最後に、デートの時にこれをするって宣言すると面白いですよ。

例えば、遊園地に行くなら○○の乗り物に乗るとか、ボーリングならスコアをこれ以上出すとか。そして、それが出来なかった時の×ゲーム的な事も考えておけばいいと思います。

上にあげた3つの事を2人でラインをしながら決めていけばいいと思います。

2人でデートの事を想像しながら決めていけば、デートの気分が盛り上がる事間違いないですよ。

しかも、2人で決めるとどちらかの負担になることも無いです。

まとめ

2人で決めたデートだからこそ、デートに行った場所がいまいちでも文句も出にくいのです。

2人そろって“いまいちの場所だったね。”で笑って終れるはずです。

2人で決めると、一人だけの負担にならないというのが一番いいですよ。

しかも、デート前にデートの気分を想像できるとなると、2人は距離が離れていても同じ時間を過ごしているという素敵な気分になるはずです。