サインは簡単です。すぐに見つかります。
line

脈があるかないかは、LINEだから特別のサインがあるという訳ではありません。

メールでも、会話の中でも、話がはずめばお互いに楽しんでいる証拠です。

相手と言葉のキャッチボールをしてみてうまく受け答えが続くかどうか冷静になってみましょう。
自分の気持ちも相手の気持ちもよくわかるという事が脈ありのサインです。

既読から見抜く

LINEは相手が自分のメッセージを読んでくれたかわかりますよね。
まず、自分のメッセージを読んでくれているかどうか、見てみましょう。
必ず読んでくれてる場合はあなたの事を気にしている証拠です。
また、読んでからメッセージを返してくれる時間が短いと更に脈あり度が増します。気になる相手にはなるべく早く読んだ事を伝えたいものですよ。

次に、つまらない日常の会話に付き合ってくれるかどうかです。
これも前の通りですが、どんなメッセージでもきっちり受け取って返してくれるのは大事に思っているからです。逆に何とも思っていない相手だったらウザがられるので気をつけましょう。
また、相手からのメッセージの中に写真が入っているのもいいですね。あなたに自分の今の状況やどんな気持ちなのかと言う事を知ってほしい証拠です。
好きでもない人に自分の事を知らせようとは思わないですからね。

最後に短いメッセージでも会話をしているようにポンポン続く事です。
お互いにまるで会話をしているようにメッセージが続くという事は相手と話しやすい証拠です。
つまらない話題でも付き合ってくれたり、突っ込みをいれてくれたり、また励ましてくれたり、相手の方から質問がきて気がつくとチャットのようになるくらい続いていたりしたらお互い気兼ねせずに話が出来るという事です。相手も心を開いてくれたという証拠です。

まとめ

メールでもLINEでも、直接の会話でも話が長続きするか、テンポよく進むかどうかが相手と波長があっているかどうか確かめるサインです。

相手と話が合わないとデートしていても楽しくありませんよね。
気が合う=脈ありと受け取っていいでしょう。

ただし、ただの気さくに付き合える友達とならないように、ドキドキ感のある関係になりましょう。


筆者:ひかまな