お互いの気持ちが盛り上がるように
キスしやすい雰囲気

2人の気持ちが合うように

キスの前に相手と仲良くなっておきましょう。
楽しい時間を過ごしていれば、もっと仲良くなりたいと思うものです。

それに、もっと相手に近づきたいと思うでしょうし、例え肩や頭などに触れられても嫌だとは思わないはずです。

相手の自分に対する気持ちをボディタッチしてもOKという気持ちにさせておかないとキスするすきができないのです。

彼女がおしゃべりしている時に振り向きざまにいきなりのキスもサプライズでいいですが、キスされるかもしれないというドキドキした時間も2人にとっては大切な時間ですよね。

そこでキスをしたくなる雰囲気作りですが、まずは2人っきりの空間が必要です。だからといって、急に車に戻ろうとか、個室へ入ろうとかっていうのは女性からすると身構えてしまいます。

デートの流れでスムーズにキス出来る雰囲気にするのがいいのです。例えば、遊園地でのデートでたくさん遊んで、一緒に楽しんだ後、最後に観覧車に乗って、ゆったり夜景を見ながらの雰囲気はいい感じです。

2人っきりの空間で目を見つめながら話したり、自然に腕や肩など優しくボディタッチしてみたり、大はしゃぎした後の静かな雰囲気のギャップは女性の方もキスの予感を感じるでしょう。

また、2人っきりの空間だと感じられる場所なら、観覧車のような隔離された場所でなくてもいいのです。今までワイワイとおしゃべりしていたのに、急にシリアスになって彼女の手を取ったりするともうそれは2人っきりの世界に入ってしまった感じですよね。

そして“今日、楽しませてくれてありがとう。”なんていう一言と一緒にキスというのもいいと思います。キスの雰囲気を作るというのは今まで2人の関係が良好なら、いつでも作り出す事が出来るのです。

逆にいえば、2人の気持ちが通じていれば、キスしたいと思ったら相手もキスしたいと思っているはずです。

まとめ

キスしやすい雰囲気と言うのは、どれだけ彼女と仲良くなったかということを計るバロメーターでもあるのです。

彼女にキスしようとボディタッチをしたり、少し静かな雰囲気を作ったりした時に彼女の方がギャグを言ったりしてその雰囲気を壊そうとしたなら、彼女はまだあなたにキスされる事を望んでいないという事です。彼女の態度で、どれくらい自分の事を向いているかが分かるのです。


筆者:ひかまな