彼に気づかれないようにコントロールしよう
彼にやってほしくないこと

2人でデートを楽しむには、彼にあなたの方を向いてもらわなければなりません。
そのための努力をしましょう。

彼があなた以外の事に気を取られないように、話題を振ったり、彼の話を一生懸命聞いたり、あなた自身も彼の事を向いているとアピールしましょう。

彼がデートを仕切ってくれると思うのではなく、2人で楽しくしようと心がけてください。

デートで一番やってほしくない事。

それは無駄にだらだら時間が過ぎて行く事です。

これは彼にデートの計画を任せきりにしてしまったからでしょう。
きっちり時間通りに進まなくても、ある程度、何をするか、どこへ行くか決めておけばいいでしょう。

例えば、映画に行くので、その時間を調べておく、映画の時間が分かっていればその前後にお茶をしたり、ウィンドーショッピングをしたり、楽しむ事ができますよね。

そして、無駄な時間があるとついついやってしまうのが携帯やスマホをいじることです。
これは男女共通してそうですが、スマホのゲームを2人で一緒に楽しむことはできません。

なので、デートのだいたいの計画をたてておけば、無駄な時間を減らせるので、スマホに夢中になる時間も少ないはずです。

それでも、スマホをいじろうとする彼を止めるには、いろいろと話しかける事です。
話がはずんでくると他の事をする余裕がなくなります。
あなたが買い物に夢中になったり、彼以外の事を気にしてしまうから、彼も違う事が気になるのです。

彼の興味がある話題を提供し、彼が楽しくおしゃべりできるように仕向けましょう。

番街編:歩くのが早過ぎる彼をなんとかしたい時

あと、時々あるのが、彼の方が歩くスピードが速くて女の子はついていくのに精一杯になてしまう事。

これは初めに“あなたは私より身長が高いから、ちょっとゆっくり歩いてくれるとおしゃべりを楽しめるんだけど。

”とか“私、運動苦手で歩くスピードが遅いからペースを合わせてくれる?”と軽く頼んでおきましょう。そうすると、女の子と歩く事も慣れていない彼でも気を使ってくれるはずです。

一人で先に行ってしまったり、あなたが必死に追いかける事もなくなるでしょう。

まとめ

デートは2人が楽しくないと成功とはいえません。

彼に行く場所、入る店、食事のメニューなど任せきりというのは彼の負担が重すぎます。
この前○○食べたから、今日は○○にしない?”とお店を選びやすいように話題を振りましょう。

また自分の意見を言う事で相手に自分のしたい事、欲しいものが伝わり、あなたが我慢しなくてすむ楽しいデートとなりますよ。


デートは2人とも楽しみましょう。

筆者:ひかまな