★2人だけの空間を楽しもう!
ドライブデート

彼はタクシーやバスの運転手では無いという事を忘れずに。

2人しかいないのに、自分が退屈してしまったように見せない事が一番です。
自分が退屈した姿は2人しかいないと彼にしか見られないのです。ということは退屈した感じがすぐに伝わってしまうのです。だからこそ気をつけて、彼の助手になりきりましょう。

また、車の中は彼の大事な部屋です。部屋の中を汚さないように心がけましょう。

2人っきりの空間を持てる喜びを感じながら過ごすと退屈しないと思います。

ドライブが決まったら、飲み物&ちょっとしたお菓子、音楽など持ち物を用意しましょう。
これは手持無沙汰になった時はかなり役に立ちます。

渋滞にはまったり、眠気が起きたりしたら飲み物や食べ物があるとなごみやすいです。
ただ、お菓子は夏の暑い時期にチョコレートを持って行って溶かしてしまうっていうのはNGです。

チョコレートは溶けてしまうので持っていかないようにするか、もしくは保冷剤を一緒にセットして小さい保冷バックなどに入れておくといいですね。

これは飲み物に関しても言えます。暑い時期にぬるいものよりも冷たい方がうれしいですよ。

ペットボトルだけではすぐにぬるくなってしまうので保冷バックに入れておくと冷たいものが飲めます。また、保温&保冷可能の水筒に飲み物をセットして彼に“お茶どう?”なんて入れてあげると彼が喜ぶ事、間違いなしです。

またお菓子も食べやすいものを選びましょう。
お茶にしても、お菓子にしても、彼が運転しながらでも食べられるようにしてあげるといいですね。
例えば、お菓子を袋から出して“あーん”なんていうのも2人っきりだからこそ恥ずかしさを乗り越えて出来ることでしょうね。

ただ、お菓子でもお茶でも、こぼさないようにすることが大事です。
というのも、車の中は彼の部屋と同じ空間です。車の中が汚れることは彼の部屋を汚すことと同じです。なるべくゴミを散らかさないようにきちんとまとめておきましょう。

抜けた髪の毛を足元にポイと捨てるのではなく、窓を少し開けて外に出すという事がエチケットです。
また、音楽も自分と彼の好みの曲を用意しておくと役立ちますよ。

彼に用意させておくだけでなく、“この曲も聞いてもいい?”なんてCDなどを出すと、ドライブを楽しみにしてくれていたという気持ちが伝わるでしょうね。

2人の思い出の曲となるかもしれないです。

まとめ

彼の運転の邪魔にならないように、運転の手助けになることを考えてあなたが行動しましょう。

車内のもの(特にナビ)を触りすぎない、車内を散らかさないなど、彼の部屋の中での行動と同じだと考えるといいでしょう。車を大事にしている彼なら、なおさら気をつけた方がいいですね。

楽しいドライブにするためには彼に負担をかけないようにすればいいのです。


筆者:ひかまな