キス脳
暗闇で唇を探り当てるための神経細胞がある!!

みなさん知っていましたか?

暗闇の中で相手の唇を探り当てる神経細胞(ニューロン)があるのです。
何千、何億もある神経細胞(ニューロン)の中のひとつにあります。

みなさんはキスをする時心臓がドキドキしますよね?

特にファーストキス!!異性の唇と自分の唇を合わせるこの行為。
心臓がこれでもかってくらいにドキドキしますよね。
これもすべて、キスをすると興奮しちゃう神経細胞(ニューロン)があるのです。

暗闇で唇を探り当てる神経細胞(ニューロン)があったなんて驚きますね。
でもみなさん、考えてみてください。

キスをする時って目を閉じますよね?ある意味暗闇ですね。
キスをする瞬間の事を思い出してみてください。
唇を合わせる瞬間です。お互い目を閉じますよね。

これこそ、暗闇で相手の唇を探り当てる神経細胞(ニューロン)なんです。
目を閉じたまま近付いてキスをして失敗しても笑い合える仲になれるでしょう。

一度彼と試してみませんか?

部屋を暗くして彼とのキスが興奮するか。
真っ暗じゃなくても充分興奮しますが、真っ暗で探り当てて何も見えない状態でキスするのも興奮しますね。

ファーストキスは暗闇で。

ファーストキスこそドキドキすることはないでしょう。
交際している男性と女性が唇を合わせる行為。文字にしてみるとすごく簡単なことでも、実際経験してみると、とてつもなく興奮するものです。

ファーストキスじゃないから興奮しないと思っているそこのあなた。一度付き合った当初の事を思い出して、キスしてみませんか?

いつも以上に興奮しちゃうかもしれません。

キスの事しか考えれなくなっちゃいますね。
キスで興奮しちゃうピュアガール、ピュアボーイのみなさん、キスはカップルを興奮させるのです。

キスで興奮したあとはお二人にお任せします。
暗闇でのキスで唇を探り当てる事で愛が深くなるでしょう。


筆者:キスの笠島