FCFG100135705_TP_V

福永知世福永知世

雄(オス)み溢れるお母さん…その包容力に包まれたい!

おそらくこんな男性は世の中にほとんどいないけど、現代の女性が求めているのは…そう、こんな「母性溢れる」男性!ということで、今回は“雄母さん”に関するBLシチュエーションあるあるのご紹介です。

関連⇒「年上×年下」編~
関連⇒「ライバル」編~
関連⇒「体格差」編~

男のおかあさん!?

母性溢れるガチムチボディ。

世話焼きで優しく、心のケアをしてくれる。

そんな男性がいたらいいなあ~と思いますが、意外とBLまんがの中には、そのような“母性を感じる男性キャラ”が少なくありません。

では、そのようなお母さんのような男性キャラと、どのようなタイプの男性キャラを組み合わせると萌えが発生するのでしょうか。

雄母さん男子×やんちゃ坊主

 

まずはこちら。

思わず朝は「忘れ物ない?ちゃんとお弁当持ったの?」と声をかけてくれちゃいそうな、優しいお母さん男子と、「そんなのわかってるよ!」とちょっと反抗期なやんちゃ坊主の組み合わせ。

安心して信頼してるから頼っちゃう?ツンデレ炸裂のやんちゃ坊主に、優しく微笑む雄母さん。

けれど、ふたりきりになると猛獣化?やんちゃ坊主が逆らえない理由がここにある…!優しさとたくましさ、そしてオスとしての本能。

雄母さんの前でやんちゃ坊主がメス化するのもたまりません。

雄母さん男子×ヤンデレ男子

 

心に闇を抱えたヤンデレ男子も、雄母さん男子の包容力が必要です。

誰にも言えない本音ですが、雄母さんになら言えそうです。闇を打破するパワーを持っているのも雄母さんです。

「どうせ俺なんか」なヤンデレ男子。口から出るのは呪いの言葉ばかりですが、雄母さんの助力もあり、どんどん闇が抜けていきます。“まるごと包み込んでくれる存在に愛される”を知ったとき、世界が変わるのかもしれません。

雄母さん男子×完全ノンケ男子

 
完全にノンケの男だって、雄母の魅力に取りつかれ「あれ?俺こいつだったらいいかも…」と思う瞬間があるかもしれません。

朝食を作ってくれる男子、仕事帰りに食材を買って晩ご飯を作ってくれる男子、家事得意男子。「お前、俺の母ちゃんかよ!」と思わずツッコミを入れたくなる雄母と同居することによって、ミラクルが生まれる?マメで甲斐甲斐しい雄母に抱かれたい男子は増殖する…!

雄母さん男子×大人の紳士

雄母が抱くのは、何も若いボーイズだけではありません。

大人の紳士だって例外ではない。

シルバーグレイの落ち着いた紳士、憂いのある横顔。その視線の先に、雄母の姿。

熟年夫婦のような安定感も魅力。

こんな夫婦の間の子供になりたい」という、愛情たっぷりのカップルを見るだけでも、癒しになります。

理想のお母さんのような雄母さんと、理想のお父さんのような大人紳士。生まれ変わったら、こんな夫婦に育てられたい…!

清純派イケメン×雄母さん男子

雄母さんは、受けもいけます。
というか、受けの場合も結構多いです。

なぜなら、雄母さんはそれだけ、懐が広いからです。

清純派イケメン男子が、夢中になった相手は雄母さん。

これはもう恋の予感しかしません。普段はノーマルだったイケメン男子も、雄母さんが相手のなれば話は別です。

溢れる母性が、若くてエネルギッシュなパワーを包み込みます。

やっぱりみんな雄母さんが好きなんだね!
雄っぱいに顔をうずめたいんだね!

部活で一生懸命な高校生男子も、仕事で疲れたサラリーマンも、女にはモテるけど飽きてしまったホスト系男子も、一度雄母さんに目覚めてしまったら、もしかしたら女に興味を持てなくなる?雄母さんの無限の可能性は宇宙です!

最後に

福永知世福永知世

なぜ雄母さんが人気なのかなあ、と考えてみると、そもそも私たち女性も「母性に包まれたい」んですよね。仕事で疲れて、人間関係で疲れて、心を消耗している。

男性が母性を求めているのと同じくらい、女も母性を求めている。

それなのに、男は求めても良くて、女は与えなきゃいけないって変じゃない?ってことです。

たぶん、世の中にあまり存在しないとしても、「お母さんみたいな男性」に夢を見てもいいんじゃないでしょうか。

そして、そんな雄母さんに癒されるシチュエーションを妄想してもいいんじゃないでしょうか。

スマホでBLボーイズラブを読むならHandy(ハンディ)コミック無料立ち読みがおすすめ

The following two tabs change content below.
福永知世
福永知世(ふくながちせ)… 1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。学生時代からの様々なアルバイト経験、夜のお仕事経験から学んだ人間関係を恋愛学に活かすWebライター。 男も女も視点を変えるだけで幸せになれる、をテーマに辛口に執筆している。 一児の母。