体格差編

福永知世福永知世

筋肉質な大柄男に守られる小柄で細い男子…または、大柄男子に乱暴に扱われる小柄男子…逆に、小柄男子に翻弄される大柄男子。

体格差があると夢が広がりますが、そんな体格差男子について萌えシチュエーションを考えてみました。

あなたはどこに萌えますか?

関連⇒「年上×年下」編~
関連⇒「ライバル」編~

大きい男と小さい男の体格差カップルの魅力

これは私の個人の感覚ですが、筋肉質でいかにも男らしい大きな体の男も大好きですし、小柄で細くて幼い顔つきのかわいい系男子も大好きです。

そして、こんな大きい男性と小さい男性がカップルだったら、もっと好きです!ということで、今回は「体格差編」ということで大柄男子と小柄男子のカップルについて考察してみたいと思います。

同級生カップル

 
まずは同級生。同じ年齢、ということでお互い気を使うこともなく、タメ口だし距離も近い。

しかし!なんと言っても体格差があるので、大柄男子は自然と小柄男子を守ることに…。

ちょっと女性のような外見の小柄男子は、自分の容姿にコンプレックスがあり、優しくされると嬉しいけど悔しい!

でも悔しいけど嬉しいんだよ!
自分にないものを求め合うふたりを応援せずにはいられません。

男同士の友情…そして、愛情…!大が小を守る世界がここにはある!

先輩後輩カップル

 
体格差がある…ということは、年齢差があるかもしれません。

大きな先輩と小さな後輩。

そこには尊敬する心を持つ後輩と、カッコ悪いところを見られたくない先輩の意地があります。

どこまでも優しく振舞う大柄先輩。

そして、負ける姿や失敗するところを見せたくないのは先輩だから?いいえ、後輩くんが好きだから。

いつも羨望の眼差しを向ける後輩くん。しかし…ときには甘えていいんですよ先輩!大柄先輩が弱い姿を見せて甘えるのは、小柄後輩くんだけ!そこに秘密の関係が出来上がる…!男性が持つ「意地」を乗り越えた先に待っている特別な関係。

あと、小柄後輩くんのバブみにも萌えます。

最近で言うと、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズに登場するシノとヤマギのカップルに萌えています。

異種獣カップル

最近トレンドなのが(いや、昔からあるけど)、ケモナー。

獣と人間のカップルに萌えを感じる人も多いのでは。ということで、大柄な獣の姿をした男と、普通の体格の人間の男…というのも、なかなかイケます。

受け責めは逆でもいいかもしれません。

当然、獣さんの性欲は並外れた…まさに獣のような絡みが期待できるわけですが、人間男を傷つけないように優しくするのも、とてもとても良いですね!(溢れる性欲を抑えながらの…!)

小×大カップル

小柄男が攻め、大柄男が受け…というのも、とても美味しいです。

まさか俺が!?と困惑する、オスみ溢れる大柄男と、見た目華奢だけど中身がすごいオスの小柄男!「俺にかなうと思ったのか?」からの、ドキッ!抱こうと思ったら抱かれてた!乙女みたいに赤面する大柄男が、小柄男にどんどんはまっていきます。

恥ずかしがってメス化する大柄男が好きな腐女子の皆さんや、小柄で華奢なのに中身がドSイケメン男子好きの腐女子の皆さんにはツボのはず。

主従カップル

これはあくまで個人的に…ですが、主従関係の大小カップルもGOOD!
たとえば、牛若丸と弁慶のような…!

大柄男子は主である小柄男子に仕える身…けれど実は…?!主を守るための大柄男子は、心優しく!主である小柄男子もまた感謝を忘れない!

そこには何人たりとも入り込めぬ特別な主従関係が…!

最近で言うと、アルスラーン戦記のダリューンと殿下や、刀剣乱舞の岩融と今剣のような、そんな関係がとても…おいしいれす!

最後に

福永知世福永知世

体格差ってほんとたまんないよね!と私は思うのですが、好きになるキャラクターも気が付くと体格差カップリングばかり。小柄男子が好き…ということもあるんですが、やはりどこか「BLの中にNL要素も…」という趣味が現れているのかもしれません。

そのため、“まるで女の子みたいにきれいな男の子”に異常に反応します(センサーが働く)。ガチムチ系大柄男も好き!かわいい華奢男子も好き!両方好き!という人には、たまらないカップリングかもしれません。

ちょっとでも「わかる!」と頷いていただけますように…!

スマホでBLボーイズラブを読むならHandy(ハンディ)コミック無料立ち読みがおすすめ

The following two tabs change content below.
福永知世
福永知世(ふくながちせ)… 1983年青森市生まれ、宮城学院女子大卒。学生時代からの様々なアルバイト経験、夜のお仕事経験から学んだ人間関係を恋愛学に活かすWebライター。 男も女も視点を変えるだけで幸せになれる、をテーマに辛口に執筆している。 一児の母。